読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと訪れて損しないところ探してくる

北海道に住んでないけど北海道を紹介するブログ

360度カメラTHETA Sのアプリ撮影・編集・投稿全ての使い方を詳しくまとめてみました。

THETA

 
 

目次

 
 

事前準備

 

THETA Sには各種アプリが提供されています。

アプリがないと画像の閲覧や投稿が行えないため事前にインストールしておく必要があります。

 
 

RICOH THETA S

 

RICOH THETA Sはスマホ向けのアプリです。

RICOH THETA Sでは画像の撮影、閲覧、投稿などを行うことが出来ます。

 

App Store Google play

 
 

RICOH THETA+

 

RICOH THETA+はスマホ向けのアプリです。

RICOH THETA+では画像の編集を行うことが出来ます。

 

App Store Google play

 
 

RICOH THETA

 

RICOH THETAはPC向けのアプリです。

RICOH THETAでは画像の閲覧、投稿などを行うことが出来ます。

 

Windows Mac

 

目次へ

 
 

THETA S本体で撮影する

 

電源を入れて撮影ボタンを押すだけです。

側面の撮影モードボタンで静止画と動画の切り替え可能です。

 

目次へ

 
 

スマホアプリで撮影する

 

THETA S本体で撮影する場合、ディスプレイがないため撮影中の映像を確認することはできませんが、 スマホアプリ撮影時は映像を確認しつつ撮影が行えます。

 

THETA Sの電源を入れ本体側面の無線ボタンを押下します。

 

スマホのWi-Fi設定画面から「THETAXS××××××××.OSC」をタップします。

 

パスワードはTHETA S本体の裏面に記載されたXS以降の数字を入力します。

例)XS00000000

入力するパスワードは太字の数字部分です。

 

THETA Sアプリを起動しTHETAアイコンをタップします。

 
 

撮影モード(静止画)

 

「オート」「シャッター優先」「ISO優先」「マニュアル」から選べます。

 

「オート」では露出補正と画質補正(ノイズ低減、DR補正、HDR合成)の設定が行えます。

※AndroidアプリではHDR合成の項目がないようです。

 

「シャッター優先」ではシャッタースピード、ホワイトバランス、露出補正の設定が行えます。

 

「ISO優先」ではISO、ホワイトバランス、露出補正の設定が行えます。

 

「マニュアル」ではシャッタースピード、ISO、ホワイトバランスの設定が行えます。

 

目次へ

 
 

撮影に関する設定

 

撮影画面より右上のアイコンをタップすると設定画面に遷移することができます。

設定画面では「表示モード設定」「インターバル撮影設定」「標準設定」を設定することができます。

また、残り撮影可能枚数や残電量の確認が行えます。

 

設定項目

設定内容

表示モード設定

OFF パノラマ 全画面

インターバル撮影設定 >> 撮影間隔

08秒~60分

インターバル撮影設定 >> 総撮影枚数

指定なし 2枚~200枚

標準設定 - 画像サイズ

5376×2688 2048×1024

 

THETA Sアプリトップ画面より別の設定に遷移することができます。

ここでは「シャッター音量」などの設定を行うことができます。

 

設定項目

設定内容

転送方法

コピー 移動

スリープモード

3分 5分 7分 OFF

シャッター音量

OFF

 

目次へ

 
 

PCで画像を閲覧する

 

RICOH THETAを起動し画像をドラッグ&ドロップすることで閲覧することができます。

 

※最新バージョンにて画像および動画が閲覧できない不具合が発生しております。

対処方法については以下の記事を参照下さい。

 

目次へ

 
 

スマホアプリで画像を閲覧する

 

THETA本体とスマホを接続後、THETA Sアプリを起動し「カメラ内画像」をタップすると、THETA本体に保存されている画像のサムネイル一覧が表示されます。

画像を閲覧するにはスマホに画像を取り込む必要があります。画像をタップすると取り込みが始まります。

※右上のアイコンをタップすると複数選択ができるようになります。

 

取り込みが完了すると画像を閲覧することができます。

 

目次へ

 
 

PCで画像を編集する

 

PCで画像を編集する場合はExif情報を退避する必要があります。

 

Exifには撮影日時やシャッタースピードなどの情報が記録されており、その中にTHETA Sの天地情報も含まれています。

天地の情報を記録していることにより画像閲覧時に天が上にくるよう画像を表示する際の制御ができているみたいです。

ですが、画像編集ソフトで編集して画像を出力すると天地情報が消えてしまう(=各画像編集ソフトがTHETA Sでの撮影画像に対応していない)ため、 画像閲覧時に天がどこなのか判断できなくなり、表示がおかしくなるようです。

 

対策として、画像の編集前にExif情報を一旦退避し、編集後にExif情報を書き戻す手段があります。

上記を実現してくれるのがexifcutterです。

 

下記サイトより「windowsバイナリ+簡易バッチファイル」をダウンロードします。

※linux、Mac向けのexifcutterも配布しています。自身の環境に合わせてダウンロードして下さい。

※この記事ではwindows向けのexifcutterを使用した方法を記載します。

 

編集したい画像を「00_exif_cutout.bat」にドラッグ&ドロップします。

 

「ファイル名.app1」が出力されていれば成功です。

Exif情報の退避後は普段使用している画像編集ソフトで編集します。

編集完了後は編集前と同じファイル名で保存して下さい。

 

exifcutterでExif情報を書き戻します。

編集後の画像を「01_exif_write_theta.bat」にドラッグ&ドロップします。

 

「ファイル名_out.jpg」が出力されていれば成功です。

 
 

「ファイル名_out.jpg」が出力されない場合は..

 

gimpで試してた結果、画像保存時に「Exif データの保存」のチェックを外さないとExif情報を書き戻すことができませんでした。

 

目次へ

 
 

スマホアプリで画像を編集する

 

THETA+アプリを起動し「画像編集」をタップします。

 

THETA Sアプリで取り込んだ画像の一覧が表示されるので編集したい画像を選びます。

 

編集タイプには「360°画像」「クロップド画像」の2種類があります。

 
 

「360°画像」で編集する場合

 

「360°画像」の編集画面です。

編集内容は「フィルタ」「スタンプ」「テキスト」から選べます。

 

「フィルタ」の編集画面です。

フィルタは全部で10種類用意されています。

 

「スタンプ」の編集画面です。

スタンプは全部で96種類用意されています。

 

「テキスト」の編集画面です。

8種類の字体と45種類の文字色が用意されています。

 
 

「クロップド画像」で編集する場合

 

「クロップド画像」の編集画面です。

編集内容は「フィルタ」「ビュー」「クロップ」から選べます。

 

「フィルタ」の編集画面です。

フィルタは全部で10種類用意されています。

 

「ビュー」の編集画面です。

ビューは全部で4種類用意されています。

 

「クロップ」の編集画面です。

クロップは全部で7種類用意されています。

 
 

ぼかし・モザイクを入れる場合はTHETA Sアプリを使用する

 

理由は分りませんが、ぼかし・モザイクを入れる機能はTHETA+アプリではなくTHETA Sアプリの方に用意されています。

※ぼかし機能があるのはiOSアプリです。Androidアプリにはぼかし機能はありません。

 

THETA Sアプリを起動し「デバイス内画像」をタップします。

THETA本体より取り込んだ画像の一覧が表示されるのでぼかしを入れたい画像をタップします。

 

閲覧画面に遷移後、画面右下のアイコンをタップします。

 

「ぼかし」をタップします。

 

ぼかしたい場所を指でなぞるとぼかしが入ります。

やり直したい場合は「取消」をタップしてぼかされた箇所を再度なぞるとぼかしが解除されます。

 

目次へ

 
 

PCで画像を投稿する

 

RICOH THETAを起動し投稿したい画像をRICOH THETAにドラッグ&ドロップします。

 

「theta360.com」→「ログイン」を選択し、FacebookまたはTwitterでログインします。

 

「theta360.com」→「投稿」を選択します。

 

必要事項を入力し、「投稿」ボタンをクリックします。

 

投稿完了後、投稿先のURLが表示されます。

後は必要に応じて共有先を選択します。

 

目次へ

 
 

スマホアプリで画像を投稿する

 

THETA Sアプリを起動し「デバイス内画像」をタップします。

THETA本体より取り込んだ画像の一覧が表示されるので投稿したい画像をタップします。

 

閲覧画面に遷移後、画面右上のアイコンをタップします。

 

「向きを指定せずに共有」または「現在の向きで共有」をタップします。

 

必要事項を入力し、右上の「完了」をタップします。

※初回投稿の際はFacebookまたはTwitterでのログインを求められます。

 

投稿が完了するとSafariで確認する項目が表示される(iPhoneの場合)のでタップすると投稿した画像の確認ができます。

 

目次へ

 
 

ブログ掲載向けの埋め込みコードを取得する

 

投稿先URLにアクセスし「埋め込みコード」を選択するとコードが表示されます。

ブログにコードを貼り付けると360°ビューアーが表示されます。

 

目次へ

 
 

THETA SとTHETA SCの違い

 

THETA SCは一部機能でTHETA Sより劣りますがTHETA Sと比べて価格が約1万円ほど安くなります。

THETA SCが機能面で劣るのは以下の3つ機能です。

  • 動画記録時間が25分から5分に減る

  • ライブストリーミングができなくなる

  • 外部インターフェースにHDMIが使用できなくなる

レンズ性能撮影サイズに差はないので上記3つの機能が劣っても問題ないのであればTHETA SCの方がオススメです。

 

モデル

RICOH THETA S

RICOH THETA SC

発売日

2015年10月23日

2016年10月28日

外形・寸法

44 mm(幅)

130 mm(高さ)

22.9 mm(奥行き)

45.2 mm(幅)

130.6 mm(高さ)

22.9 mm(奥行き)

質量

約125g

約102g

カラー

1色

ブラック

4色

ベージュ

ホワイト

ブルー

ピンク

有効画素数

約1200万画素

約1200万画素

静止画解像度(最大)

5376×2688

5376×2688

静止画

特殊撮影

ノイズ低減

DR補正

HDR合成

ノイズ低減

DR補正

HDR合成

動画解像度(最大)

1920×1080

1920×1080

動画フレームレート

30fps

30fps

動画記録時間(最大)

25分

5分

ライブストリーミング

UVC,HDMI

-

外部インターフェース

USB,HDMI

USB

内蔵メモリー

約8GB

約8GB

アプリケーション

iOS/Android/PC

iOS/Android/PC

 
 
 

目次へ

 
 

THETAをより便利に。THETA持ちなら揃えておきたいおすすめアクセサリー

保護ケース

シリコン保護カバーです。色はブラックの他、ブルー、イエローがあります。

シリコン保護カバーです。色はブラックの他、ブルー、イエローがあります。

THETA購入時に付属のケースが付いてくるのですが、出し入れが手間でした。

カバー装着後の様子。

レンズキャップを外すだけなので撮影がとても楽になり満足。

カバーを付けて電源を入れた状態です。カバー越しにLEDアイコンが確認できます。

 
 

自撮・三脚

これ一つで自撮撮影、三脚撮影、高所撮影が行えます。

これ一つで自撮撮影、三脚撮影、高所撮影が行えます。

三脚の足は必要に応じて取り外しが出来ます。

三脚を取り付けた様子。

立ててみた様子。

THETAを取り付けてみた様子。

マウントの角度を調整できるので360度自撮撮影が行えます。

全体の長さが93cmあり、普段より高い位置からの撮影が可能になりとても満足。

 
 

目次へ

 
 

撮影サンプル

北海道 - イコロの森 風景

イコロの森 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 

北海道 - 千歳基地 航空祭

 

千歳基地航空祭 2016 ブルーインパルス04 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 

北海道 - 藻岩山展望台 夜景

藻岩山展望台夜景 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 

全天球写真はTHETA Sで撮影しています

 

あなたの思い出、360°で残しませんか

 

 

THETA Sの撮影ギャラリーはこちら

 

目次へ

 
 

THETA S レンタルサービス

 

DMMいろいろレンタルでは THETA S を最短で3日間、最大で30日間レンタルすることができます。

購入を迷っている、1回だけ使用できれば良いなど状況に応じてレンタルという選択肢を設けてみてはいかがでしょうか。

 

レンタルについて確認する

 

目次へ

 
 

確認環境

 

 

アプリ

バージョン

スマホ用アプリ

RICOH THETA S

iOS 1.10.0

Android 1.10.1

スマホ用アプリ

RICOH THETA+

iOS 1.3.2

Android 1.2.3

パソコン用アプリ

RICOH THETA

Windows 2.3.1

 

目次へ